Morning letter

朝のひとときに、心穏やかな1日が送れるような、エッセンスをお届けします。

最優秀賞受賞!『行動最適化大全』樺沢紫苑著 読書感想文

悲しいことがありました。

ふさぎ込んで、誰にも会いたくなくて、もう立ち直れないかもしれないと思いました。

でも、「睡眠」「運動」「朝散歩」が大切だと『行動最適化大全』を読んで再確認しました。だから、涙が溢れる日も、21時には布団に入りました。朝起きて散歩に行って、泣きながらエアロバイクをこぎました。本当は朝散歩も運動もしたくなかった。だけど、そんなときこそ行動することが大切だって思っていたから、勇気を出して行動し続けました。

私はストレスに弱い人間です。高校生の時は過換気発作で苦しみましたし、社会人になってからも拒食や幻聴で休職してしまいました。でも、子どもが産まれて、母親になってから、「もうこんな弱い自分は嫌だ」と思って読書を始めました。どうやったら強くカッコいい母親になれるのか模索していきました。そうした時に、樺沢先生の本に出会うことができました。この1年、7時間以上の睡眠とほぼ日の朝散歩を継続し、穏やかな気持ちで過ごすことができています。

今回『行動最適化大全』を読んでから、悲しいことが起こり、「やっぱり私は強くなれない」と思いましたが、睡眠と朝散歩に運動を追加し、正気を保つことができました。

そして、ずっと私が苦手としてきたこと。それは「ガス抜き」です。本書には随所に「ガス抜き」が大切であることが書かれています。誰にも相談できなくて、カウンセリングを受けようかと思いました。でも、大切な人、夫に思いを打ち明けました。夫は私の気持ちに寄り添い、一緒に泣いてくれました。それだけで、私の気持ちは救われました。娘も「そんなに泣かないで。ママ大好きだから」と言ってくれて、家族の存在がどれだけ大切かに気づかされました。家族のために、いつも笑顔でいたいと誓いました。

辛くても、常に行動することが、ストレスから自分を守る方法だと思いました。一度落ち込むとなかなか立ち直れなかった私ですが、今回は2日で、元気な自分を取り戻しました。何かを失ったのではなく、大切なことに気づき、また一つ成長できたような気がします。

本書を読んで行動しなければ、昔と変わらない私だったでしょう。ただ信じて行動し続けることが、何よりも大切なことなのですね。樺沢先生、いつもありがとうございます。

f:id:harukamotan:20210725092315j:plain