Morning letter

朝のひとときに、心穏やかな1日が送れるような、エッセンスをお届けします。

子育ての道しるべ

  f:id:harukamotan:20210603050800p:plain
吉野弘さん 『奈々子に』

唐突だが

奈々子

お父さんは お前に

多くを期待しないだろう

ひとが

ほかからの期待に応えようとして

どんなに

自分を駄目にしてしまうか

お父さんは

はっきり

知ってしまったから

 

お父さんが

お前にあげたいものは

健康と

自分を愛する心だ

 

この詩は、娘を妊娠中に新聞で目にしました。

運命的な出会いだと思いました。

私は、人からの期待に押しつぶされ、心と体がボロボロになってしまったことがあったから。

生まれてくる子には、決してそんな思いはさせたくないと思っていたからです。

「自分を愛する心」とはどうやったら身につくのか。ずっと考えてきました。

「自分を愛する子に育て!」と娘に言うのもおかしな話です。

行きついた答えは、まず母親である私が「自分を愛する」ということ。

私が自分を大切にして、健康で笑って楽しく過ごしていれば、その背中をきっと見てくれるでしょう。

私も人生に多くは望んでいません。愛する家族と食事をして、ゆっくり休める環境を整える。そして、大好きな自然の中を散歩したり、読書をしたり、文章を書ければ、それで十分なのです。

子育てに行き詰まったら、この詩を思い出します。ああ、そういえば、自分を愛せていなかったなと振り返るのです。

 

 

 『奈々子に』はこちらの詩集に掲載されています。

 

 

 おすすめ図書