Morning letter

朝のひとときに、心穏やかな1日が送れるような、エッセンスをお届けします。

『諦める力』とは

400mハードルの元日本代表、世界大会3位、日本記録保持者である為末大さんの著書『諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない』を読みました。この本を手にとった理由は、私が競技人生を上手に諦めることができなかったからです。小さいころから一緒に練習をしていた戦友は、今も競技を続けています。そんな姿をテレビで見るたびに、どこか心がぐらついていました。

        黄色, 花, スプリング, キンポウゲ, 自然, 庭, 夏, フローラ, 植物  

著者は自分の体格や能力を見極め、100mから400mハードルへと転向しました。100mより400mlハードルは圧倒的に競技人口が少なく、華やかさに欠ける。だからこそ「勝ちやすい」。彼は勝つために100mを諦めたのです。

 

「諦める」という言葉は負い目や、後ろめたさ、敗北感をイメージします。しかし「選び直す」「修正する」といった前向きな言葉として捉えようと述べられています。

自分が成功しなかったのは、その分野に合わなかっただけ。他に合うフィールドがあるかもしれないから、諦めて、やめて、移動する。

それは、必死で努力して初めて決断できることです。私もこれ以上できないというところまで練習していました。当時はどうやったらトップ選手になれるのだろうとばかり考えていました。でも、結局その夢は叶いませんでした。もっと練習したら、大学までやっていたらどうにかなったかもしれない、という思いが今でもちらつくことがあります。

 

しかし、著書を読んで、私にとって競技はそこまでの実力だった、私は自分に合うフィールドを選び直したのだと、前向きにとらえることができました。高校で競技人生を諦め、親の勧めで看護師の道を選びました。それでも、競技を続けているより、看護師として働いている方が生き生きして過ごせていたと思います。

 

さらに著書では「今の人生」の横に走っている「別の人生」があると述べています。そう考えると、自分にはこれしかない、これをやめたら自分でなくなってしまうと追い込まれることはなくなると言います。常にそんな気持ちで生きていられるように、学び、実践し、自分を高めていきたいと思っています。

 

 参考図書

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない

  • 作者:為末 大
  • 発売日: 2013/06/06
  • メディア: Kindle版