Morning letter

朝のひとときに、心穏やかな1日が送れるような、エッセンスをお届けします。

アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル/子は皆母親に愛されたい

毒親に育てられたフィギュアスケートの物語。

 

トーニャの母親は強すぎある母性を持ち、子どもを飲み込む母親。

毒親」の特徴が描かれている。

毒親育ちの子ども、トーニャの人生がどのように影響を受けているのか、この映画を観るとよくわかる。 

幼いころから「お前のためだ」と言いながら、暴力をふるい、言葉でも罵倒される。

 

思春期になるとパートナーができるが、そのパートナーにも暴力をふるわれ、トーニャ自身も暴力で解決しようとする。

母親に「尻軽女」と罵られ、やはり母親の愛情を感じることができなく、暴力をふるわれても「自分が悪いから仕方がない」と結局パートナーのもとに留まってしまうのだ。

「母親に愛されたかった」「無条件に愛されてると思いたかった」と自分を愛してくれるはずったた人の代わりとしてパートナーに依存してしまう。

ある事件をきっかけに彼女はスケート界を追放されたが、母親、パートナーと関係を断ち、ボクサーとして活躍する。

それは彼女が毒である母親の「母親殺し」ができた瞬間である。

f:id:harukamotan:20200830054406j:image